怒涛のパラディオン

仕事辞めた過ぎて震える30歳既婚デュエリストです。応援や激励のコメント、痛み入ります。

【手札誘発】手札から発動できる罠カード16枚まとめ!【遊戯王マキュラもびっくり】

 

 

f:id:paulracerx6488:20180624160449j:plain

遊戯王カードの効果は様々な変化を遂げてきました。

  • モンスター扱いの罠カード
  • 装備できる効果モンスターカード
  • 墓地で効果を発動するカード

 

その中でも処刑人マキュラの登場から16年、マキュラの力を使わずとも手札から罠カードが使えるようになり、その種類も少しずつ増え環境での採用も見られるほど有効なカードが増えてきました。

 

今回はそんな手札から発動できる罠カードをまとめましたのでご覧ください!

 

遊戯王にて初めて手札から罠カードを使うきっかけになったカードがこちら

 

処刑人しょけいにん-マキュラ/Makyura the Destructor

f:id:paulracerx6488:20180623094509j:plain

効果モンスター(禁止カード)
星4/闇属性/戦士族/攻1600/守1200
このカードが墓地へ送られたターン、
このカードの持ち主は手札から罠カードを発動する事ができる。

 

このカードを使うデッキである以上、効果が適用されれば最後、そのターンでのゲームエンドは半ば決まったようなものである。
現役当時は墓地へ送られた瞬間から相手を敗北に導く、まさしく処刑人そのものだった。


02/05/01で制限カードに指定され、後に03/04/10で準制限カードに制限緩和されたが、コンボデッキの抑制を目的に05/03/01をもって禁止カードに指定された。

 遊戯王wikiより

 

f:id:paulracerx6488:20180619191445j:plain出た当時は「たいしたことないやろ」とタカをくくっておったこのカードの汎用性は罠カードの充実によりどんどん膨れ上がりました。

このカードが同じテキストのまま復帰するのは難しいでしょう。

 

「一枚まで罠カードを手札から」とかいうエラッタならできるかな・・・

それでも自発的に簡単に墓地へ送れる現環境ではそれでも厳しいかもですね。

闇の戦士族とかサーチもしやすいじゃないか・・・

 

 

 手札から発動できる罠として最初に登場したカード!

デルタ・クロウ-アンチ・リバース/Delta Crow - Anti Reverse

f:id:paulracerx6488:20180623091345j:plain

通常罠
自分フィールドの「BF」モンスターが3体のみの場合、
このカードの発動は手札からもできる。 
(1):自分フィールドに「BF」モンスターが存在する場合に発動できる。
相手フィールドにセットされた魔法・罠カードを全て破壊する。

  RAGING BATTLEで登場した通常罠。
 セットされた相手の魔法・罠カードを全て破壊する効果と、特定の条件で手札から発動できる効果を持つ。

 

f:id:paulracerx6488:20180619191154j:plainマキュラの登場以降、罠カードの効果として手札から使えるようになった初めてのカード。

書いてあることもセットされた魔法罠カードではあるもののすべて破壊という結構乱暴で強力な効果を持つ。

 

BF3体並べるなんてデッキの性質上わけないだろうから今でも一枚くらい入れて、セットされたターンに手札から発動できればアド取れそうですな!

 

2009年に登場したカードですが、なかなかのポテンシャルをもってるなぁと思います。

1発決まれば相手を面食らわせることが出来るでしょう。

 

 

【汎用編】

タイフーン/Typhoon

f:id:paulracerx6488:20180623085550j:plain

通常罠
相手フィールドに魔法・罠カードが2枚以上存在し、
自分フィールドに魔法・罠カードが存在しない場合、
このカードの発動は手札からもできる。
(1):フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 EXTRA PACK 2015で登場した通常罠。
 特定条件下で手札からも発動でき、表側表示の魔法・罠カードを破壊する効果を持つ。

f:id:paulracerx6488:20180619191154j:plainデュエルリンクスにも実装されているこのカード。

相手の先攻1ターンにも使えるのが利点で、ペンデュラムや相手のデッキエンジンである永続魔法をつぶせるのは非常に便利でしょう。

 

がただ上記以外の使い方である場合、表側しか破壊できないので腐ってしまうことも多々あると思われる。

2枚以上カードがないと使えないっていう点もつらい。

 

しかし、当時このカードが無ければEMや竜剣士が止められなかったということでサイドデッキ投入のメタカードとして使われていました。

 

 

レッド・リブート/Red Reboot

f:id:paulracerx6488:20180623085056j:plain

カウンター罠
このカードはLPを半分払って手札から発動する事もできる。
(1):相手が罠カードを発動した時に発動できる。
その発動を無効にし、そのカードをそのままセットする。
その後、相手はデッキから罠カード1枚を選んで自身の魔法&罠ゾーンにセットできる。
このカードの発動後、ターン終了時まで相手は罠カードを発動できない。

  FLAMES OF DESTRUCTIONで登場したカウンター罠
 ライフポイントを半分払う事で手札から発動できる発動条件、相手の罠カードの発動を無効にしセットする効果、相手がデッキから罠カード1枚をセットできる効果、ターン終了時まで相手の罠カードの発動を封じる効果を持つ。

 

f:id:paulracerx6488:20180619190842j:plain大きなライフコストと相手に罠サーチ&セットというディスアドバンテージを負うものの、このカードは現在の環境に採用されています。

 

それほど相手の伏せカードはたった一枚で盤面がひっくり変えるほど怖いものなのでこのカードの採用もうなづけます。

せっかく展開した盤面が絶望の淵に沈むことなんてザラですね💦

 

具体的には伏せ除去では対処できない《次元障壁》などのフリーチェーンや、《拮抗勝負》や《無限泡影》などの手札から発動できる罠カードへの対応力に優れており、


 上記のカードがマッチ2戦目にサイドデッキから投入されることを見越して2戦目から投入するのが良いだろう。

遊戯王カードWiki - 《レッド・リブート》 より

 

 

 

無限泡影むげんほうよう/Infinite Impermanence

f:id:paulracerx6488:20180623085306j:plain

通常罠
自分フィールドにカードが存在しない場合、このカードの発動は手札からもできる。
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
セットされていたこのカードを発動した場合、
さらにこのターン、このカードと同じ縦列の他の魔法・罠カードの効果は無効化される。

  FLAMES OF DESTRUCTIONで登場した通常罠。
 特定条件下で手札から発動でき、モンスター効果を無効化する効果を持つ。
 さらにセットされた状態から発動することでさらに同じ縦列の魔法・罠カードの効果を無効化する効果も持っている。

 

f:id:paulracerx6488:20180619191154j:plain一時期ヴェーラー無限泡影どちらを採用するかの論争がありましたね。

こちらは相手メインフェイズ以外でも発動する事ができるので、自由度は高い

 

セットされた縦列も無効化できるのでうまく配置出来れば2枚以上の相手の効果を無効にすることが出来ます。

 

相手の利き手によって無意識に置く場所などに置けば成功率は上がるでしょう。

(ここまで計算できてないなぁ)

遊戯王カードWiki - 《無限泡影》

 

 

 

拮抗勝負きっこうしょうぶ/Evenly Matched

f:id:paulracerx6488:20180623090657j:plain

通常罠
自分フィールドにカードが存在しない場合、
このカードの発動は手札からもできる。
(1):相手フィールドのカードの数が自分フィールドのカードより多い場合、
自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。
自分フィールドのカードの数と同じになるように、
相手は自身のフィールドのカードを選んで裏側表示で除外しなければならない。

  CIRCUIT BREAKで登場した通常罠。
 特定の状況下で手札からも発動でき、ボード・アドバンテージに劣る場合という発動条件、自分フィールドのカードと同じ数になるよう相手フィールドのカードを相手自身に裏側表示で除外させる効果を持つ。

 

f:id:paulracerx6488:20180619191445j:plain何度ひっくり返されたろう・・・

何度見ても強烈な効果ですね、意外とその後返せることもあるのですが、展開に手札を使い切ってしまった場合そのまま押し切られてしまいます。

 

発動タイミングは固定されているもののサイドデッキに投入し、マッチ戦での後攻に差し込めば相手の展開を阻害し、戦意ごと刈り取ること間違いなしです。

 

登場人物の配置からして、《実力伯仲》・《真剣勝負》から続く《大将軍 紫炎》への謀反の場面の様である。

遊戯王カードWiki - 《拮抗勝負》

 

 

 

カテゴリ編

タキオン・トランスミグレイション/Tachyon Transmigration

f:id:paulracerx6488:20180623085733j:plain

カウンター罠
自分フィールド上に「ギャラクシーアイズ」と名のついたモンスターが存在する場合に発動できる。
このカードの発動時に積まれていたチェーン上の
全ての相手の効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にし、
この効果で発動を無効にしたフィールド上のカードを全て持ち主のデッキに戻す。
自分フィールド上に「ギャラクシーアイズ・タキオン・ドラゴン」と名のついた
モンスターが存在する場合、このカードは手札から発動できる。 

 PRIMAL ORIGINで登場したカウンター罠
 ギャラクシーアイズの存在を発動条件とし、チェーン上にある相手のカードの発動を無効にしてデッキに戻す効果、特定条件下で手札からの発動を可能にする効果を持つ。

f:id:paulracerx6488:20180619191445j:plainなかなかエグイこと書かれてます。

ギャラクシーアイズがいなければ発動できないという制約があるものの、チェーン上にある相手のカードの効果を無効にし、デッキバウンスという超暴力的な効果ですね。

 

ギャラクシー・フォトンが強化された現在、ギャラクシーアイズ・タキオン・ドラゴン

を採用しているデッキなら採用間違いないと思うんですけどいかがでしょうか

遊戯王カードWiki - 《タキオン・トランスミグレイション》

 

タキオンが高いのが難点ですかね💦

 

 

 

ハーピィの羽根吹雪はねふぶき/Harpie's Feather Storm

f:id:paulracerx6488:20180623085924j:plain

通常罠
自分フィールドに「ハーピィ」モンスターが存在する場合、このカードの発動は手札からもできる。
(1):自分フィールドに鳥獣族・風属性モンスターが存在する場合に発動できる。
ターン終了時まで、相手が発動したモンスターの効果は無効化される。
(2):魔法&罠ゾーンのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「ハーピィの羽根帚」1枚を選んで手札に加える。

  20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVEで登場した通常罠。
 風属性・鳥獣族が存在する場合に相手が発動したモンスター効果を無効にする効果、相手の効果で破壊された場合に《ハーピィの羽根帚》をサーチまたはサルベージできる効果を持つ。

 

f:id:paulracerx6488:20180619190842j:plainハーピィデッキの強力サポート。

フリーチェーンで発動できる妨害ですが、ハーピィが場にいる必要があるため相手が先行の場合は妨害できないので汎用性は無限泡影に劣るかもしれないがハーピィ使いはそんなことは気にならないでしょう。

 

初期から愛されたテーマであるハーピィの今後の強化に期待したいところ。

 

 

 

ブラック・バード・クローズ

f:id:paulracerx6488:20180623090102j:plain

カウンター罠
自分フィールドに「BF」Sモンスターまたは「ブラックフェザー・ドラゴン」が存在する場合、
このカードの発動は手札からもできる。
(1):相手フィールドのモンスターが効果を発動した時、
自分フィールドの表側表示の「BF」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
その後、EXデッキから「ブラックフェザー・ドラゴン」1体を特殊召喚できる。

  デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-で登場したカウンター罠
 相手フィールドでのモンスター効果の発動を無効にし、任意で《ブラックフェザー・ドラゴン》を特殊召喚する効果を持つ。

 

f:id:paulracerx6488:20180619191154j:plainBFモンスターを墓地に送り相手モンスターの効果を無効破壊+ブラックフェザードラゴンを特殊召喚できるBFドラゴン採用の意味が見いだされた羨ましい強化カード

 

その発動を無効にし破壊する。」が正しく処理されない場合、「その後」以下の効果は処理されない点に注意!

 

「ブラック・バード」は、BF及び《ブラックフェザー・ドラゴン》の所有者であるクロウ・ホーガンのD・ホイールの名前であり、イラストにも描かれている。
このイラストの元になっているのは、アニメ5D's第30話においてセキュリティの追跡から逃れるためブラック・バードの滑空機能を初めて使用したシーンである。

遊戯王カードWiki - 《ブラック・バード・クローズ》

 

 

ブラック・ソニック/Black Sonic

f:id:paulracerx6488:20180623091952j:plain

通常罠
自分フィールドのモンスターが「BF」モンスター3体のみの場合、
このカードの発動は手札からもできる。
(1):相手モンスターが自分フィールドの「BF」モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。
相手フィールドの表側攻撃表示モンスターを全て除外する。

  コレクターズパック-伝説の決闘者編-で登場した通常罠。
 BF専用である代わりに強化された《聖なるバリア -ミラーフォース-》である。

 

f:id:paulracerx6488:20180619191154j:plain破壊を介さずに除外させるという相手の破壊反応効果も腐らすことが出来ます。

制約は少し重いが、3体並んだBFモンスターの恐怖感を相手に植え付けることが出来るカード。

遊戯王カードWiki - 《ブラック・ソニック》

 

 

セフィラの星戦せいせん/Zefra War

f:id:paulracerx6488:20180623091840j:plain

通常罠 「セフィラの星戦」は1ターンに1枚しか発動できない。 自分のPゾーンに「セフィラ」カードが2枚存在する場合、 このカードの発動は手札からもできる。 (1):自分フィールドの「セフィラ」カード1枚と 相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。

  マキシマム・クライシスで登場した通常罠。
 特定条件で手札から発動でき、セフィラと相手フィールドのカードを破壊する効果を持つ。

 

f:id:paulracerx6488:20180619191154j:plainセフィラデッキであれば簡単に手札発動の条件を満たすことができ、ペンデュラムの苦手なスキルドレインや虚無空間などのメタカードを破壊することが出来る。

 

遊戯王カードWiki - 《セフィラの星戦》

 

 

幻煌龍デッキ

 マキシマム・クライシスでカテゴリ化された「幻煌龍」と名のついたカード群。
 属するモンスターは、《幻煌龍 スパイラル》1体のみである。
 また、属する魔法・罠カードは装備魔法と通常罠で大別され、全て通常モンスターもしくは効果モンスターに関する発動条件や制約を持つ。

 

f:id:paulracerx6488:20180619190842j:plain通常モンスター大活躍のカテゴリとしてたまに登場時は時々優勝していた幻煌龍デッキには手札から発動できる罠が満載です。一気にどうぞ

 

幻煌龍げんおうりゅう戦渦せんか/Phantasm Spiral Battle

f:id:paulracerx6488:20180623093130j:plain

通常罠
フィールドに「海」が存在する場合、このカードの発動は手札からもできる。
(1):自分フィールドのモンスターが通常モンスターのみの場合、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターが装備可能な自分フィールドの全ての
「幻煌龍」装備魔法カードをその通常モンスターに装備する。

 

 

幻煌龍げんおうりゅうの浸渦しんか/Phantasm Spiral Power

f:id:paulracerx6488:20180623093057j:plain

通常罠
フィールドに「海」が存在する場合、このカードの発動は手札からもできる。
(1):自分フィールドのモンスターが通常モンスターのみの場合、
相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターはターン終了時まで、攻撃力・守備力が1000ダウンし、効果が無効化される。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの通常モンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・墓地から「幻煌龍」装備魔法カード1枚を選んでその通常モンスターに装備する。

 

 

幻煌龍げんおうりゅうの天渦てんか/Phantasm Spiral Assault

f:id:paulracerx6488:20180623093043j:plain

通常罠
フィールドに「海」が存在する場合、このカードの発動は手札からもできる。
(1):自分フィールドの「幻煌龍 スパイラル」1体を対象として発動できる。
そのモンスターが「幻煌龍」装備魔法カード3種類以上を装備した状態で、
戦闘で相手の効果モンスター3体を破壊した時、自分はデュエルに勝利する。
(2):自分フィールドの通常モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。



魔弾デッキ

デッキビルドパック スピリット・ウォリアーズで登場した、魔弾モンスターと魔弾魔法・罠カードを中心としたコントロールデッキ。
 相手ターンでも手札から魔法・罠カードを発動する奇襲性の高い戦術が特徴。
 後述の戦術の項でも触れられているように、多くのデッキに刺さる特殊召喚メタと墓地阻害の影響をあまり受けることなくアドバンテージを稼げる利点を持つ。

 

f:id:paulracerx6488:20180619191154j:plainこちらは魔弾モンスターが場にある場合、魔弾・魔法罠を手札から使えるカード

魔弾モンスターの共通効果

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分・相手ターンに自分は「魔弾」魔法・罠カードを手札から発動できる。
(2):このカードと同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合に発動できる。
(固有の効果)

 

魔弾まだん-デスペラード/Magical Musket - Desperado

 

f:id:paulracerx6488:20180624153329j:plain

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「魔弾」モンスターが存在する場合、
フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

魔弾まだん-ダンシング・ニードル/Magical Musket - Dancing Needle

f:id:paulracerx6488:20180624153523j:plain

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「魔弾」モンスターが存在する場合、
お互いの墓地のカードを合計3枚まで対象として発動できる。
そのカードを除外する。

 

魔弾まだん-デッドマンズ・バースト/Magical Musket - Last Stand

f:id:paulracerx6488:20180624153548j:plain

カウンター罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「魔弾」モンスターが存在する場合、相手が魔法・罠カードを発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 

 

 

 歯止め

いかがでしたでしょうか!!

意外と多い手札から発動できる罠カード!

強力な効果ばかりで今後発売されるものの中にも環境での採用・高騰されるカードが現れる事は必至であります。

 

今後も更新していきたいと思っております。

 

最後まで見ていただいて有難うございました!

マタンゴ

f:id:paulracerx6488:20180618220343p:plain

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村