怒涛のパラディオン

遊戯王のあれこれ

【相性】サイバースデッキ強化で採用したい効果モンスター9選!

サイバースストラクが全然活かせない・・・

そんな悩みがマスターリンクで一転!?

 

 

f:id:paulracerx6488:20180617121109j:plain

スターリンク発売を前にサイバースデッキ構築の上で欠かせないモンスターカードをまとめましたのでご覧ください!

※更新中

 

サイバース・ガジェット

f:id:paulracerx6488:20180617100245j:plain

サイバース・ガジェット
効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻1400/守 300
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル2以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。


(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
自分フィールドに「ガジェット・トークン」(サイバース族・光・星2・攻/守0)1体を特殊召喚する。

 

サイバースを冠するモンスター筆頭、Vジャンプの付録として登場したモンスター

  1. 星2以下のモンスターを墓地から吊り上げ
  2. 場から墓地に行けばサイバーストークンが出る

中盤の墓地が肥えた状態であれば3枚分のカード素材として使えるサイバースの要

ガジェットを素材にリンク1のサイバースモンスターをL召喚すれば簡単に1枚が2枚になる。

 

また墓地から吊り上げるモンスターは星2以外の縛りがないため、チューナーを吊り上げハリファイバー+トークンからの展開という広い選択肢を得ることが出来る

 

 

バックアップ・セクレタリー

 

f:id:paulracerx6488:20180617101305j:plain

バックアップ・セクレタリー/Backup Secretary
効果モンスター
星3/光属性/サイバース族/攻1200/守 800
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):自分フィールドにサイバース族モンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。

 

緩い特殊召喚条件を持つサイバース・光属性モンスター

星3ということでレディ・デバッガーの効果でサーチし、そのまま特殊召喚につなげる事が出来る。

 

サイバースデッキでは初手で確実に2体以上の展開をしたいので重宝するモンスター

 

リンク先への特殊召喚をトリガーにするリンクモンスターの効果等を発揮するためにも有用な効果である。

 

SIMMタブラス

f:id:paulracerx6488:20180617102739j:plain

 SIMMシムタブラス
効果モンスター
星5/闇属性/サイバース族/攻 0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せ、
自分の墓地のサイバース族・レベル4モンスター1体を対象として発動できる。
リンク状態の自分のリンクモンスターのリンク先となる
自分フィールドにこのカードを手札から特殊召喚し、
対象のモンスターを手札に戻す。

 

サイバネティック・ホライズンにて登場したサイバース上級モンスター

星5ということで少し重そうだが、フォーマッド・スキッパーでのサーチ先としても有用

 

特殊召喚条件もリンク状態の自分のリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドにこのカードを手札から特殊召喚

という少しややこしいが、サイバースの展開力では条件を整えるのは容易だろう

f:id:paulracerx6488:20180617104233j:plain

特殊召喚に成功すれば墓地のサイバース星4のモンスターカードをサルベージできるのでアドを得ることもできる

 

是非採用し、効果を発動させたいところ

サルベージ先はサイバース・ガジェットやバランサーロードといったところか

 

ウィジェット・キッド

f:id:paulracerx6488:20180617104638j:plain

 ウィジェット・キッド
効果モンスター
星3/地属性/サイバース族/攻1500/守 900
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札からサイバース族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

 

召喚・特殊召喚時に手札からサイバースを特殊召喚できる効果

前述したとおりサイバースは場にモンスターを並べない始まらないため展開の起点として使える。

 

高レベルサイバースにも優秀なカードは多いのでこのカードと共に採用することにより安定性を増すことが出来る。

 

ドット スケーパー

f:id:paulracerx6488:20180617105155j:plain

ドットスケーパー/Dotscaper
効果モンスター
星1/地属性/サイバース族/攻 0/守2100
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、
いずれか1つしか使用できず、それぞれデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

 

墓地に行ったとき・除外された時に特殊召喚できるという条件を満たせば使いまわせる便利なモンスター

 

このカードを素材にリンク召喚するだけで後続につなげることが出来る

封印の黄金櫃で簡単にデッキから除外することが出来、②の特殊召喚効果も簡単に行うことが出来る。

 

その後、サイバースガジェットの特殊召喚効果を使えばリンク4のファイアウォールにつなげる事ができるので非常に便利

 

 

レディ・デバッガー

f:id:paulracerx6488:20180617110117j:plain

レディ・デバッガー
効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻1700/守1400
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル3以下のサイバース族モンスター1体を手札に加える。

 

サーチ効果は特殊召喚に対応しており、使いまわせれば多くのアドバンテージを生む

 

星3以下のサイバースモンスターには有用なカードが多く、前述の手札から特殊召喚できるバックアップセクレタリーやマスターリンクで登場する手札からリンク素材にできる

マイクロ・コーダーなどカードプールが増えるたびにこのカードの重要性も強くなるだろう

 

 

 

 

バランサーロード

f:id:paulracerx6488:20180617112904j:plain

 バランサーロード/Balancer Lord
効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻1700/守1200
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、1000LPを払って発動できる。
このターン自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにサイバース族モンスター1体を召喚できる。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。
手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。

 

  1. サイバース族の召喚権付与
  2. 除外された時の手札からの下級サイバース特殊召喚

ライフコストはあるものの、展開を助ける便利なカード

 

召喚時に効果を発揮する効果を持つカードが多いサイバースモンスターを1ターンにフル活用したい。

 

また除外された時の特殊召喚効果を満たすカードも多く、封印の黄金櫃をはじめ、デグレネードバスターの特殊召喚コストやデュアルアセンブルムの効果コストなどシナジーは多い

 

 

サイバース・コンバーター

f:id:paulracerx6488:20180617113120j:plain

サイバース・コンバーター
効果モンスター
星2/光属性/サイバース族/攻1000/守1000
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):自分フィールドのモンスターがサイバース族モンスターのみの場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが召喚に成功した時、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの種族はターン終了時までサイバース族になる。

 

  1. 自分の場がサイバース族のみの場合、特殊召喚できる効果
  2. 召喚時に自分モンスターをサイバースに変換

サイバースデッキであれば緩い条件で特殊召喚が行えるのは前述のバックアップセクレタリと同様だが、

 

特筆すべきは2の効果で展開した場のトロイメアリンクモンスターなどをサイバース扱いにし、シューティングコードトーカーなどのサイバース縛りのリンク素材にできる。

 

 

 マイクロ・コーダーf:id:paulracerx6488:20180617114026j:plain

マイクロ・コーダー
効果モンスター
星1/闇属性/サイバース族/攻 300/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのサイバース族モンスターを「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、
手札のこのカードをリンク素材にできる。
(2):このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として手札・フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「サイバネット」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
フィールドのこのカードを素材とした場合にはその1枚をサイバース族・レベル4モンスター1体にできる。

 

  1.  コードトーカーのリンク素材に手札からなれる
  2. コードトーカーのリンク素材になった場合「サイバネット魔法罠」サーチ+a

このカードの登場により場のサイバースモンスター1体とこのカードにより主要カードサーチとコードトーカーの展開が簡単に行えるようになった

 

サーチできるカードも幅広く条件を満たせばサイバースガジェットなどの主要カードもサーチでき、サイバースデッキの要になること間違いなしのマスターリンク注目カード

 

スターリンク登場のサイバネット魔法罠もこれまでのサイバースデッキの能力を大きく底上げできるカードばかりなので、発売後環境デッキとどこまで戦えるのか注目である。

 

 

 

 歯止め

いかがでしたでしょうか!

選出カード以外にも優秀なカードが多いサイバース族なので今後も更新していきたいと思っております。

 

主人公デッキは必ず大強化されるというジンクス(というか事実)は間違いようで、マスターリンクの登場によりサイバースデッキは大きく強化されると思います。

並び立つコードトーカーを自在に操るのが楽しみな管理人でした!

 

最後まで見ていただいて有難うございました!

 

f:id:paulracerx6488:20180611225027p:plain

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村